こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 図書館ホーム
  2.  >  図書館利用案内
  3.  > 図書館概要(図書館のあゆみ:図書館(今出川・ラーネッド)開館 ~学術情報センター~ 1973−2000)

図書館概要

図書館のあゆみ

図書館(今出川・ラーネッド)開館 ~学術情報センター~ 1973−2000

西暦(和暦)図書館のあゆみ
1973(昭和48)年12月 現在の今出川校地図書館が竣工。(開館9:00~21:00)
◆蔵書数 約26万冊。
1974(昭和49)年【ケーリ文庫】開設。オーティス・ケーリ教授により、ケーリ家三代に渡って収集された旧蔵書を寄贈されたもの。多くの貴重書を含む。
第6代社長下村孝太郎の遺贈。のちに【下村文庫】とする。
新町読書室の閉室。
1977(昭和52)年図書館3階書庫完成(貴重書庫、閉架書庫、大学院共同図書室)。
1982(昭和57)年目録データ(同志社MARC)の入力開始(JIPとの共同開発)。これにより、目録カードの打出しと蔵書目録(冊子)作成が可能となった。BDS(図書無断持出防止システム)導入。
1985(昭和60)年【中野譜庫】開設。名古屋在住の音楽家中野二郎氏より寄贈されたマンドリン約6,700およびギター約6,100の楽譜コレクション。中野氏の意思により、一般に公開している。
1986(昭和61)年田辺(現 京田辺)校地にラーネッド記念図書館を開館。1、2年次生のための全面開架式の学習図書館としてスタート(蔵書数約42,000冊)。図書の書誌データ(MARC)は日販(和書)と紀伊國屋書店(洋書)から購入。請求記号も独自に付与。ラーネッド記念図書館オンライン目録検索がスタートしたが、係員による代行であった。図書館利用カード(バーコード)を発行により、貸出返却システムを開始。
1987(昭和62)年今出川図書館に雑誌室(第1閲覧室から転用)、レファレンスコーナー新設。逐次刊行物検索システム開始。
1988(昭和63)年4月 両校地図書館でオンライン目録検索サービス開始(係員代行)。利用者は冊子目録とカード目録の併用。
ラーネッド図書館と共通の図書館利用カードでの、貸出返却システム開始。ただし、両校地図書館はファイルを個別に運用していたので、それぞれでの貸出が可能だった。
10月 各部科でのオンライン検索が可能となった。
1989
(昭和64/平成元)年
オンライン目録検索システム(コマンド方式)利用者に公開。両校地図書館に利用者検索用端末を設置。
オンラインデータベース(NACSIS-IR)、CD-ROM(CD-HIASK)の検索サービス開始(係員代行)。
1990(平成2)年文部省学術情報センター(現在の国立情報学研究所)共同目録作成システム(NACSIS−CAT)参加。
1991(平成3)年4月 学術情報センターと組織改編(図書館と計算機センター、視聴覚室を統合)。「図書館」は建物の名称として残す。
6月 『学術情報センター報』発刊。(『びぶりおてか』は1月No.48で終刊。)
DOORS(DOshisha Online Retrieval System)画面誘導型のオンライン目録検索システム稼動。ラーネッド記念図書館図書、今出川図書館・各部科図書、逐次刊行物の3つのファイルから構成される。
1964~81年度にわたる所蔵学術情報を4ヵ年計画で遡及入力開始。
11月 NDC8版採用。
1992(平成4)年両校地図書館に学生利用のCD-ROM検索PC設置。
ラーネッド記念図書館のMARC(紀伊國屋書店、日販)購入打切り。目録作成システムによるデータ作成に切替える。
1993(平成5)年3月 新学術情報システムの目録作成、目録検索、貸出返却のサブシステム稼動。
DOORSデータの全学一元化。また、個別に運用していた、今出川図書館、ラーネッド記念図書館の貸出返却管理を統合。ラーネッド記念図書館の請求記号を全学共通請求記号に統一。
◆蔵書数 約575,000冊。
1994(平成6)年工学部・工学研究科田辺校地移転。これにともない、今出川図書館から約3,000冊をラーネッド記念図書館に移行、また、新規に約3,000冊購入。
インターネット利用の開始。
新学術情報システムは残りの発注、逐次刊行物サブシステム稼動により完成。DOORSに新分類図書(1964~81登録分)全データ遡及入力完成。
1995(平成7)年大学院共同図書室を博遠館に移設し、3階を全て書庫に。
DOORSのネットワーク接続(ダイヤルアップ)による利用開始。
1996(平成8)年今出川図書館にマルチメディア・ライブラリー開設。視聴覚資料に加え、CD-ROM等のマルチメディア資料の利用サービス充実を図る。
10月 メディア工房(寧静館)運用開始。
図書館利用カード(バーコード)を廃止し、学生証・社員証(磁気カード)と兼用に。
同志社女子大学から学術情報システムへの参加申し入れ。
1997(平成9)年ラーネッド記念図書館にマルチメディア・ライブラリー開設。今出川図書館PCコーナー開設。
学術情報センターホームページ公開。今出川図書館の開館時間延長(開講期9:00~22:00)。
講武館書庫開設。同志社女子大学もDOORSに反映。
1998(平成10)年ラーネッド記念図書館PCコーナー開設。
EU資料センター(法学部1976年設置)を今出川図書館に移設。
10月 日曜開館試験的に運用開始。
【フランシス・キング文庫】開設。日本フランシス・キング協会より自著、書簡、草稿、書評等を中心に200余点の寄贈。
1999(平成11)年6月 Web版DOORS稼動。
7月 ラーネッド記念図書館の日曜開館試験的に運用開始。
ホームページに貴重書デジタルアーカイブ公開。
2000(平成12)年旧分類図書遡及入力開始(図書館)。今出川図書館書架増設工事(2001年まで)。収容約14万冊を増設。ホームページに研究紀要(電子化テキスト)公開。
貸出サービスの拡大。同志社女子大学と学生証による相互利用(貸出)開始。
◆蔵書数 約60万冊