1. 図書館ホーム
  2. 利用案内
  3. 特別資料
  4. 小室・沢辺紀念文庫

小室・沢辺紀念文庫 約5,500冊

小室信介像
小室信介像
沢辺正修像
沢辺正修像
宮津市出身の自由民権家の小室信介(1852(嘉永5)-1885(明治18))、沢辺正修(1856(安政3)-1886(明治19))の記念文庫。中島信行、木村栄吉、松本誠直らが募金して集めたものを寄贈したもので、1891(明治24)年10月3日開庫式が行われた。主として日本史関係のものが多く、近世の写本が相当数を占めている。この中には、水戸藩の儒臣で同藩の史館総裁となり、「大日本史」の校訂に努め、その出版のための底本を作成した立原翠軒の自筆稿本、自筆写本、旧蔵書の多くと、江戸時代中期の国学者塙保己一の和学講談所旧蔵書などが含まれており、本館蔵書の中で異彩を放っている。
目録あり
詳しい解説

同志社大学デジタルコレクション掲載画像はこちら
安南器械
五郎次話
立原翠軒集
新安手簡
訂正増譯采覽異言
山城名勝志
桂園一枝
狂歌今昔物語
銃戰紀談
年山紀聞
宮川舎漫筆
南畝莠言
雲萍雑志
伊豆日記 : 七嶋奇説
黄葉夕陽村舎詩
新刻文選正文音訓
清六大家絶句鈔
絶句類選
海表異聞
海表異聞