1. 学術リポジトリホーム
  2. 貴重書コレクション
  3. その他(和書・踏絵:新嶋先生就眠始末)

その他(和書・踏絵)

新嶋先生就眠始末

新島先生の逝去前後の模様と当時の新聞、雑誌等に掲載された追悼文を池本吉治氏が146頁にまとめて東京の警醒社より発行された書冊である。巻頭に新島先生の肖像画一葉と小崎弘道氏の序文2頁がある。

先生の死は明治23年1月23日である。この本の出版は23年4月15日で先生の逝去直後である。先生のことについて書かれた最初の文献としてまさに貴重なものではなかろうか。

先生が大磯の百足屋にて病いが重くなられ逝去されるまでの様子及び京都に於ける葬儀の模様が手にとるが如くくわしく書かれ涙なくして読むことは出来ない程の感動を与えるものである。

ただこの本は当図書館には僅か一冊しかなくそれも大阪の福音社から寄贈されたものがあるだけである。残念なことはクロースにて製本され原型のままでないことである。何れ複写して学生諸君の閲覧に供したい。

「びぶりおてか」同志社大学図書館報1号(1967.7.1)より抜粋